電子日記

若喪女が自由に雑記を書くブログです。

昨日の母との一悶着。

概要

まず私が母の自慢げな態度にイラついて、夜神月の香水をプシュっとしたわけだ。
そしたら母が「すっごい匂い! これ何!?」と言ったので、私は夜神月の香水だよ」と言った。
そしたらいきなり悟空の真似しながら「ヴゥエェッ!! オエ〜ッ! オラ夜神月はデェきれぇなんだゾ〜! 便所の匂いがする〜ッ!」とか言ってきたので腹が立って、夜神月の香水しかなかったから。Lのは売り切れてたから」と言った。
そして母はすぐさま「嘘嘘! 爽やかな匂いだよ〜!」と取り繕ったが、薄っぺらすぎて殺意が湧いた。
それでそのままスシローに行った。

問題点

問題なのは母が自分の発言を覚えていない事。
「『Lの香水が売り切れてて悲しい』しか言ってないよ?」とか言ってたけど、そんな事一言も言ってなかったからな。
私の記憶力の良さは誤魔化せないから。このアルツハイマー女め。
まずスシローで私から「お互いに謝らなければいけない事があるよね?」と切り出したわけだ。
そしたら母が、「?」となったから私が一通り説明したら「ごめんねー」と言った。
そこまでは良いんだが、その後「私はそんなこと言ってない」の一点張りで超困ったわけ。
若年性アルツハイマーかよ!
旧ブログの最後の記事にも書いたけど本当に死ね。
反省の態度も見られなかったし、「謝ったからいいでしょ?」みたいなダルそうな態度でマジでイライラした。
自分の発言を悪いとも思ってないあの態度見て許せる人居る?
普段から私に「自分に置き換えてみて。されたらどう思う?」とか諭してる癖に、自分が同じように諭されたらハイハイとすぐに話を切り上げようとする。
舐めてんのか。オイ。

結果&愚痴

私はとうとう泣き出して(昔から喧嘩して感情が昂ると泣いてしまう)、母も必死になってムキになって言い合いしてお互いに気まずくなって父と弟に咎められ、母はそのまま一人で家に帰った。
私は父と弟と車に乗って家に帰った。
叔母にこの事を報告したらちゃんとドン引いてくれた上に、「ちゃんとママの事はメッ!しなきゃね!」と言ってくれたので一安心。
まだイライラしてるし悲しいけど、寝たらすぐ忘れるかな〜😢
自分の好きなキャラの香水を便所の香り扱いされてキレないオタクなんてごく僅かしか居ないだろ。
それこそ思考100%のサイコパスぐらいだ。
身内からのアンチコメがいっちばん堪えるね、ホント。
つーか泣いてしまった自分が情けないわホント。
誕生日なのに最悪な気分になったわ、ガイジ母のせいで。

寝た後

寝た後も腹立つから脳内五味夢中に母を痛快に論破してもらう妄想してるわ。
自分でも痛々しいけど辞められない。