電子日記

若喪女が自由に雑記を書くブログです。

今日の夢(4/13)。

シャニマスキャラの塗り絵をしてた夢、パンダの夢。
パンダの夢はなんか色んな動物×シャニマスの図鑑に載ってて、気付いたらパンダが寝室に居た。
パンダに効くキャラは桑山千雪だと紹介されてた。

妊娠中又は妻が妊娠中にN田に呼び出されて学校で俳句を書く夢。
私はただ見てるだけ。
やたらと長い俳句を黒板に書く未亡人男。
ハッピーシュガーライフみたいな味がする微妙に甘ったるい給食を残してE川先生に追いかけられる。
非オタの褐色ギャルのクラスメイトが何故かハピシュガを知ってて「それー!」と私に相槌を打ってた。

「悲しい曲限定」みたいな小さくて暗いバスの一番後ろの席に乗ってて、前に乗ってたショタっぽい一言も喋らない男がいて、気付いたらその男におんぶされてた。
いきなりM台のすぐそばの赤い道路を通った後に平沢進の変調型の音楽が流れてバスが加速する。
前の家の近くに着いたら学校の女たちが居てそのショタはモテモテでみんなショタの隣に座りたがってて、40円〜44円を持ってる人しか隣に座れなくて、私は30円しか持ってなかったから無理矢理穴だらけの50円玉を取ってなんとかショタの隣に乗ろうとしたら、場面が突如切り替わって私はショタにお礼を言って、ショタは「たの」とだけ言い残して消えていった。
「たのしかった」の意味だと私は解釈した。
途中まで私はショタに優遇されてるんだと思って超ウキウキだった。
ショタは美形で優しくて私みたいなのも許してくれた。
超楽しかった夢だった。

何かと戦う夢を見た。
前の家に炎が撒かれて、ラスボスのピンクの炎を纏う私の嫌いな年下女vs私と弟みたいな構図になって弟が年下女に捕まりそうになってたけど私が機転を利かせて年下女の目玉を飛び出させて弟と一緒に飛び出た目玉を踏みつけた。
その後は近所に住んでた年下幼馴染の父親に頼んで救急車を呼んでもらって、なんかお祝いパーティーをするために青唐辛子を持ってきてもらう的な。
なんかその年下幼馴染の父親にスマホを渡されて電話番号を打つ事になったんだけど、間違ってる上に「?」が入ってて不安だったんだけどちゃんと繋がった。
これも楽しかったけど、起きたら両手を思いっきり伸ばしてた。
ちなみに夢の中に出てきた年下幼馴染の父親は黒髪でなろう系主人公みたいな髪型してたけど、現実だと坊主なんだよな。